禁ブラ

ロックダウン(都市封鎖)下にあるシドニー大都市圏では、買い物のために自宅を離れていいのは1日につき1世帯当たり1人に制限されている。一家の大黒柱としては、家族を飢えさせないため、買い出しに行かねばならない。地元のスーパーではワイフに渡されたと思われるメモを見ながら買い物している男性も見掛ける。

さらに店内では「ブラウジング」が禁止。買い物せずにブラブラ見て歩くことを指すようだ。あらかじめ買う物を決めて店を訪れ、売り場に直行し、目指す商品を手に入れたらすぐにレジに向かうイメージだろうか。

コメディアンのジョン・バーナード・カイルズ氏は、スーパーを訪れた様子を動画サイトに投稿。猛スピードで押すショッピングカートに洗剤やトイレットペーパーをなぎ倒すように入れていく。床をスライディングしてドッグフードをつかむ場面もあり、にやりとさせられる。たぶんマスクなしの顔をさらしているのも確信犯だろう。(城一)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ニュージーランド貿易経済促進庁が対日貿易促進で重視する3つのCとは、Connection(つながり)とCommitment(責任)と、あと一つは何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る