豪州の巻き寿司

日本の物が海外で普及するにつれて、本来の質や形が変化を遂げていくというパターンはよくある。巻き寿司もその一つ。豪州の街角でよく見る巻き寿司(スシロール)は、日本の旅行者が見たらぎょっとするものだ(もう慣れたが)。
しかも豪州では、「イラシャイマセー」の日本語の発音からすると、韓国人が経営しているケースが多い気がする(これももう慣れた)。
あの太さと具の多様さに慣れている豪州人からすると、本場日本のカッパ巻きやかんぴょう巻きなどの定番には、細すぎるし、たいくつだと思ってしまうだろう(本物が理解されないのは残念だけど)。
なかなか定着しないのは「おにぎり」だろう。豪州では、巻き寿司が進化しておにぎりの役割を果たしているので、日本が誇るコンビニのおにぎりは、日の目を見ないかもしれない。(駑馬)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ニュージーランド貿易経済促進庁が対日貿易促進で重視する3つのCとは、Connection(つながり)とCommitment(責任)と、あと一つは何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る