水を大切にする習慣

いつ水不足に陥るかもしれない豪州では、水を大切にする習慣が根付いているのはご存じの通り。
ある建築家によると、行政地区によっては一戸建ての新築物件に、雨水の貯蔵タンクの設置を義務付けている地区もある。調べると、家庭用でも1,000〜2万リットル程度のサイズがあるようだ。これを知って思ったのは、中国本土や香港で絶大な利用価値があるのでは、ということだ。
水不足が深刻な中国では毎年、ヨウ化銀を詰めたロケットを空に打ち込み、人工雨を降らせている。だがその貴重な雨水も、都市では有効利用されることはない。香港も、膨大な量の飲料水を隣の広東省から購入しており、大量摂取で河川の汚染も招いている。雨季はあるが土地が岩盤であるため、大量の雨水は海中に流れ込むだけだ。
中国も香港も、雨水貯蔵タンクを普及させるのは実にいい政策だろう。問題は、豪州のような環境センスがあるかどうかに過ぎない。(西嵐)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

南オーストラリア州のワイナリーが米国市場に進出します。彼らがキャンペーンを行う予定の米国最大のワイン販売サイトの名前はワインドットコム。では、世界で最もダウンロードされているワイン購入アプリは?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る