腐りやすい安値の野菜

「あぁ、また腐っている」買ってきて数日経った野菜や果物、乳製品は、少し目を離していただけでゴミ箱行きだ。料理をしようと思う意欲も半減する。お得と称されている方に魅せられて購入しているが、結局は半分くらいしか使用せず、もったいないことをしている。
また野菜や果物が早く腐る原因に、よく行く市場では常温で販売されていることがあるように思う。イチゴやブルーベリーなどは、裏をきちんと確認していないとすでにカビが繁殖し始めていることがある。あまり換気のないような場所で、買い物客の熱気も合わさり、カビに格好の環境を提供していることになる。
さて、腐りかけの野菜などに嫌気が差していたら、シェアメイトが「野菜ならここ」と家に近いお店を教えてくれた。冷房が効いた店内で、野菜には自動的に霧が降りかかるようになっており新鮮さを維持している。市場ほど安くはないが、適量を購入。料理をするのにスマートな買い物スキルの重要性を再認識した。(豪々)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ニュージーランド貿易経済促進庁が対日貿易促進で重視する3つのCとは、Connection(つながり)とCommitment(責任)と、あと一つは何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る