豪州への農業投資

最近、中国や韓国、中東諸国からの豪州の農地買収が盛んだが、なぜか日本からの農業投資が非常に少ない、と感じている。鉱物資源ばかりに目が奪われているかのようだ。日本政府が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への交渉参加を表明しており、TPPを見越した投資があってもいいはずと思っている。
万が一、海外の農産品が非関税で日本に流入することになった場合、日本の農業は大きな打撃を受けるのは想像に難くないが、そうなった場合の対処策として考えられるのは、ソバやコメなどの農産物を日本の資本で豪州で生産し、それを日本に非関税で持ち込むというものだ。つまり「メード・イン・OZ、メード・バイ・ジャパニーズ」というわけだ。それには、日系商社などが資本やノウハウを提供する必要がある。
折しもこの円高の時勢に、日本が豪州で食糧安全保障の面でも中国や韓国勢の後塵を排するのは見たくないものだ。(西嵐)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

新型コロナや豪中貿易紛争の影響で縮小したSA州のロック・ロブスター業界に、州政府が支援の手を差し伸べました。どのような支援内容でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る