食品アレルギー

「最近、食品アレルギーの子どもが増えている」という新聞記事を読んでいて思い出したことがある。それは豪州に小麦などに含まれるたんぱく質「グルテン」アレルギーの人が多いことだ。
豪州には小麦を使った食材が多くある。例えば、パンやパスタ、クッキー……など。以前、グルテンアレルギーの人が、ほかの人の料理とは別に、自分用にグルテンフリーのパンケーキを作っているのを見て、随分大変だなと思ったことがある。
さて、きょう日まで食品アレルギー啓蒙キャンペーンが行われている。今や豪州人の子ども人に1人がなんらかの食品アレルギーを持っているという。現在、食品アレルギーを治す方法はなく、食べないようにすることが最善な方法のようだ。
小売り大手コールズが食品アレルギー表示の強化を行うことを明らかにしており、今後ほかの食品製造会社もコールズに続くことを期待したい。(豪々)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

大幅な組織改革をしたセブンイレブン。その効果はある商品の開発期間の半減で明らかになったそうですが、その商品とは何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る