豪州での日本食

海外で日本食の人気が高まっているにもかかわらず、「日本人の食のセンス」はまだ普及していないと感じることがある。
以前、お好み焼きを作りたいと言っていた中国人の知人に、お好みとは好きなものを入れていいということだと教えてあげた。後日、知人に感想を聞いたところ、中国で食べられているパンケーキと同様だったという。入れた食材を聞いたら、「ニンジンや玉ねぎ」との回答が返ってきた。
また別の知人がうどんを作ってくれるとのことで、楽しみにしていたが、出された深皿にはうどんの麺のほかに、生の青野菜やフィッシュボール、ラム肉などが入っており、日本でいうところのうどんとはかけ離れていた。知人に言わせるとうどんは「太い麺」でしかないようだ。
これらの経験から、お好み焼きの粉やうどんと汁のセットが販売されていても、日本と同じように食べられている訳ではないことを悟った。いや、これも海外で進化した日本食と考えてもいいかも……。(豪々)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

蒸留酒メーカーのラーク・ディスティリングが、タスマニアに3カ所目となる蒸留施設を取得しました。これにより、同社は以前から計画していたあることを、前倒しで実行するそうです。さて、それはどんなことでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る