農業

豪州の地方で農業生産に従事する若者がお嫁さん探しをする「The Farmer Wants a Wife」というテレビ番組がある。都市で生まれ育った女性たちはカントリーライフに憧れて、婚約者に立候補し、選ばれた女性は実際に農場で生活するという内容だ。
こうした番組があることからも分かるように、豪州人は農業にある意味で魅力を感じている側面がある。また生産者も農業に従事していることに誇りを持っているように感じる。こうした感情も「農業大国」の名を下支えしているのではないだろうか。
一方、日本では農業というとやぼったいイメージがつきまとう。都市に住む人がどれほど本格的に農業に参入したいと考えているかは疑問だ。実際には現場に行くと、強い意志を持って農業を行う生産者に出会うこともある。食糧自給率うんぬんだけでなく、国民に対し、今ある農業にどう誇りを持たせるかという点で豪州から学べることは多いように感じる。(豪々)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ソラマメが過去最大の豊作を記録しました。しかし、ここ1カ月の価格は上昇しています。なぜでしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る