日本食レストラン

家への帰り道に一軒の日本食レストランがある。窓ガラス越しに中をのぞくといつも人でにぎわっている。対照的に隣にある中華系の店はガラガラだ。レイトショッピングデーの木曜日となれば、道に順番待ちの列ができるほどだ。
隣の席の客と肩がぶつかりそうになるほど狭い店内。見渡せば、アジア系はほどんどいない。ワインを片手に刺身を食べながら会話を弾ませる人々、2人用の席にきつそうに肩を寄せ合う4人組み、カレーを箸で食べている人など、なかなかほかの日本食レストランでは見られない光景がある。
にぎわう理由を考えてみたが、周りに日本食レストランがないことに加え、手頃な値段、愛想の良いスタッフ、家庭的な味が人々を魅了するのだろう。日本でいう大衆食堂のような店が意外とオージーの心を掴んでいるのかもしれない。(豪々)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

上場計画を再始動したカキの養殖会社イースト33によると、シドニーロックオイスターの価格は上昇していますが、過去5年間で何%上昇したでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る