フリーレンジ

この鶏肉はどのような環境で育ったのか。そんなことは日本ではあまり考えなかったが、豪州では食肉の生育環境を明確に表示している。また、パッケージも差別化し、フリーレンジ(放し飼い)やオーガニックの食肉はきれいに包装してある。

先日、シドニー近郊の町ゴスフォードでフリーレンジ(放し飼い)の鶏の生産者と話す機会があり、幸運にも実際の農場を見学させてもらえた。放し飼いの鶏だが、当日は暑すぎたのか涼しい鶏舎に避難していた。鶏舎は常に温度管理されており、鶏にとって快適な環境になっている。鶏舎内が高温になりすぎると、鶏はすぐに全滅してしまうそうだ。

「フリーレンジの生産者は恵まれている」とオーナー女性が言っていた。出荷の価格も良好で、鶏舎の衛生管理もしやすいのだそう。確かに、鶏舎の中にもかかわらず悪臭が気にならなかった。家畜の快適さは管理者のそれと共通しているようだ。(妙子)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

メルボルンのスタートアップ、バーディーが、ハエの幼虫を使ったゴミ処理ビジネスを展開しています。さて、このエコビジネス、処理過程で発生するのは水と何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る