エンターテインメント

病院の待合室のテレビで、朝のワイドショーが流れていた。スタジオで調理する料理コーナーだった。本日のメニューはナシゴレン。インドネシア語で「焼き飯」だ。ナシが飯、ゴレンが揚げる、の意なので、正確には「揚げ飯」か。英語の「フライド・ライス」と同じだ。

最初は興味深そうに見守っていたキャスターたちだが、シェフがフライパンでニンニクと赤唐辛子、玉ネギを盛大に炒め始めると、にわかに表情が曇った。においの強いエビペーストを加えた時点であからさまに顔をしかめ、中には調理台から極限まで避難する者も……。

これがジョークなら笑えるが、心から嫌がっているのがみえみえだ。どうなることかと思っていると、有名芸能リポーターのリチャード・ウィルキンス氏が飛び入りで参加。カメラ目線で、いかにもうまそうにナシゴレンをぱくつき始めた。さすがに苦労人。「エンターテインメント」を分かってらっしゃる。(短吉)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

「牛を使わない」乳製品を開発したEden Brewは、代わりに何を使ってクリーミーなミルクを製造するのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る