豪州式クリスマス

クリスマスは毎年、オーストラリア人の友人宅に伺うが、家族や親せきと囲む彼らのクリスマス・ランチがとてもシンプルなことに驚かされる。テーブルに並ぶのは薄切りにしたハムやターキー、サラダやパイナップルなどで、好きな分だけ自分の皿に取り分けて食べる。

友人いわく、オーストラリアのクリスマスは夏で暑いため、火を通していない「コールド・ミール」が好まれるのだとか。体の大きいオーストラリア人には物足りないのではと思ってしまうが、そこは量でカバーするらしい。

食べ物のほかには、毎年決まってオーストラリア式クラッカーが用意される。中からは紙でできたペラペラの王冠が出てくるが、まるで暗黙のルールのようにすべての大人が昼食が終わるまでそれを頭にかぶる。一見フォーマルな食事会で、みんなの頭には紙の王冠。このギャップを毎年楽しみにしている。(芽依)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

「牛を使わない」乳製品を開発したEden Brewは、代わりに何を使ってクリーミーなミルクを製造するのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る