化粧品売り場

シドニー中央ビジネス区(CBD)にあるウールワースで、1階の化粧品売り場が改装されたことが話題となっている。今までは商品が棚に並べられていただけだったのが一変。商品が煌々と輝いて見える。

ビューティーアドバイザーのスタッフも配置しており、まるでデパートのようなサービスだ。これまでは必需品を置いているという雰囲気だったが、積極的に売り込み、客を惹きつけるものとなっている。スーパーでメイクや肌の相談などを無料で提供する取り組みはオーストラリア初という。

さて、この店舗は数階に及ぶのだが、生鮮食品が売られている地下1階の混み具合とは裏腹に、2~3階は非常に閑散としている。食品以外の商品は付属的に置いてあるような印象で、改善の余地が十分あるように思う。

CBDの中心地という最高の立地を生かして、化粧品売り場だけでなく、上層階へ客を誘致する方法を模索しても良さそうなものだ。(豪々)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

蒸留酒メーカーのラーク・ディスティリングが、タスマニアに3カ所目となる蒸留施設を取得しました。これにより、同社は以前から計画していたあることを、前倒しで実行するそうです。さて、それはどんなことでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る