混み合う青果店

引っ越して約1カ月になるシドニーのイーストウッドに、毎日驚くほど混み合っている青果店がある。店内には所狭しと野菜や果物が並べられているが、あまりの人の多さで目的の商品にたどり着くのも難しい。どうしてこれほど人気なのかと考えてみると、確かに商品の鮮度はもちろん、色や大きさも良い。住民の大半がアジア人である地区なのに、客の半数ほどは白人系のようだ。

仕事帰りに大手スーパーで野菜を買おうとした際、しなびた商品しか残っておらずがっかりしたことが何度もあった。ところがこの青果店では夕方の品ぞろえも文句ない。混雑を避けようと開店と同時の朝7時に店を訪れたところ、すでに買い物客がいるほどの人気ぶりだ。

雑貨などほかの買い物を一緒にできないという不便さはあるが、青果だけはこの店に毎回足を運ぶようになった。料理の腕が未熟なため、せめて質の良い食材でカバーできるかどうか。(芽依)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

蒸留酒メーカーのラーク・ディスティリングが、タスマニアに3カ所目となる蒸留施設を取得しました。これにより、同社は以前から計画していたあることを、前倒しで実行するそうです。さて、それはどんなことでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る