新しいレシピ集の形

「レシピ本を眺めるのが好き」─。料理が好きな人にその理由を聞くと、口々にこういった回答が返ってくる。そこで、筆者もまずは気に入ったレシピ本を見つけようと思い立ち、レシピ本を購入した。

料理をしながら気づいたのは、レシピ本は使いにくいという点だ。きれいに使おうと思うと、手でゴシゴシ跡を付ける訳にもいかず、まして作りたい料理のレシピが本の中で散乱していても、手が濡れているとページをめくれない。

そこで思いついたのは、複数枚入る卓上型の写真立てにレシピを書いた紙を入れることだ。写真を入れる部分はプラスチックでできているため、水で多少濡れても大丈夫な上、パラパラめくることができる。

立体的だと机の下に置いて見る本より見やすく、もしレシピ集がラミネートされていれば紙よりも耐久性がある。台所で使う実用性を考えると、本よりも使いやすいと思われるが、卓上型レシピ集は市販されているのだろうか。(豪々)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

蒸留酒メーカーのラーク・ディスティリングが、タスマニアに3カ所目となる蒸留施設を取得しました。これにより、同社は以前から計画していたあることを、前倒しで実行するそうです。さて、それはどんなことでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る