子豚に授乳

弊紙で連載の「オオゲツヒメの食卓」では、いずれは商品として売る肉牛への、畜産農家の思いが記されている。ただこの感覚は、部外者にはなかなか分かりにくい。少しでも理解したいのだが、想像できない。

そこで思い出したのが、パプアニューギニア(PNG)のハイランド地区での豚の飼育だ。基本的に豚の世話は女性がするが、女性は自分の子供と同じように、子豚に対して自分が授乳する地域があるという。子供も子豚も同じように扱われているのだ。その地では、豚は自家消費のために育てられているのではない。男性が中心で行なわれる儀礼で、別の部族の男に与える目的で飼育されている。

日本の牛は商品で、PNGの豚は贈り物という違いはある。しかし、どちらも他者に与えることを前提にしながら、大切に育てられている。意外に、宮崎の畜産農家とPNGの人々の感覚は近いのかもしれない。(頼徳)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

大幅な組織改革をしたセブンイレブン。その効果はある商品の開発期間の半減で明らかになったそうですが、その商品とは何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る