日本料理の奥ゆかさ

オーストラリアの公共放送局SBSの日本料理を紹介するテレビ番組「デスティネーション・フレーバー・ジャパン」を毎回楽しく見ている。ナビゲーターは、アダム・リアウ氏。人気のリアリティー料理番組「マスター・シェフ」の2010年の優勝者である彼は、日本に数年滞在していた経験を持っている。

10回に分けられた同番組では、北は北海道から南は沖縄までの料理を網羅。彼が実際に調理を実演する場面もあり、空揚げや冷ややっこがとても上品な料理として仕上がる。地域性のある料理がクローズアップされており、日本人としても見応えがある。

オーストラリアではさまざまな国の料理が食べられるものの、その国々の料理の幅はそれほど多くない。そう思ってこの番組を見ると、日本の各地で生み出された食の豊かさを、遠い異国の地からでもしみじみと感じられる。(豪々)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

蒸留酒メーカーのラーク・ディスティリングが、タスマニアに3カ所目となる蒸留施設を取得しました。これにより、同社は以前から計画していたあることを、前倒しで実行するそうです。さて、それはどんなことでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る