お弁当考

育つ国が違えばこうも違うものかといささか驚いているのは、オーストラリアの中学校のお弁当の話だ。

今年から地元の女子中学校に入ったわが娘は、それまで日本人小学校に通っていただけあって、日本式のおしゃれなお弁当に慣れている。だが、地元中学校のほとんどのクラスメートは弁当箱などないようなもので、食パン2枚だけとか、せいぜいピーナツバターを塗っただけという質素なものらしい。それも毎日同じ。中にはキャベツの葉っぱだけをビニール袋に入れてくる生徒もいる。

ダイエットでそうしているわけではなく、飾られた弁当を視覚的に楽しむという概念がないようだ。娘がため息をつくのは、多くの生徒が食べ物を粗末にする点だとか。ランチをグラウンドに捨てたり、生徒同士で食べ物を投げ合う「ヨーグルトファイト」や「ソーセージファイト」も繰り広げられるのだという。

「八十八もの手がかかっているから、コメは残さず食べないといけない」という考え方は不可解に映るのだろう。(西嵐)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリアのオーガニック食品業界の今年の成長率は、年何%と見込まれているでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る