嗚呼、タマゴサンド

昼によく行くシドニーのサンドイッチ屋が、いつのまにか無くなっていた。ビルの改装工事らしく、跡形もない。わがオフィス周辺では、あの店しか即席のタマゴサンドは作れない。いや実はもう一軒、タマゴサンドを作るサンドイッチ屋があるにはあるが、そこは甘ったるい味が気に入らない。タマゴサンド好きにとっては、オフィスライフ上の大問題で、今後どうしたものかと呆然と立ち尽くした。

こうなったら、自分で作った方が早い。調理器具は大していらないし、タマゴや野菜、新鮮なパンは駅のスーパーで容易に買える。塩こしょうなどもオフィスに常備しておけばいい。だが、毎回余ったタマゴやパン、野菜はどうしようか─。

思案していると、それは時間と労力の無駄だろ、という思いが交錯した。こうして結局、根本的問題に戻る。全ては、オーストラリアにはおいしい調理パンを売るコンビニがないことに起因する。戻りすぎかも。(西嵐)

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

小売り大手ウールワースが、ある事業の分離・上場を計画しています。それは何の事業でしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る