「ウメボシ」

今年も人気の料理番組「マスターシェフ」が始まった。毎年、挑戦者が料理スキルを競い合うという実に単純な構図にもかかわらず、自分の料理の刺激にもなるので、飽きずと見ている。

その中で、隠されたAからZまで26個の食材を前に、挑戦者がアルファベットを選び、その字で始まる食材を見て当てるというチャレンジがあった。誰も選ばず一番最後に残った「U」の下にはなんと、日本語そのままの「梅干し(Umeboshi)」があった。いくらなんでも日本に在住経験があるか、梅干しを常備している日本人の家族でもいない限りオージーに分かる訳がなく、案の定、見ても触っても途方に暮れるだけの挑戦者が気の毒だった。

英語にしたら「塩漬けプラム」とでもなりそうなもので、ほかにUで始まる食材がなかったのかと考えたが、大手スーパーにも並ぶ「うどん」があるではないか。制作者の意図は何であれ、これを機に梅干し人気に火が付いて、輸入ビジネスが増えたら嬉しい。(百花)

この著者の最新の記事

関連記事

編集後記・お知らせ過去の記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る