イカスミうどん

こちらが日本人だと分かると、オーストラリアではフランクに「日本食好き」をアピールしてくる人が多い。多文化都市シドニーでは各所に日本食店が立ち並び、その人気ぶりに驚かされる。

シドニーの自宅で先日、手持ちのイカスミペーストを使ったイカスミうどんを作った。日本の大部分の地域ではイカスミというとパスタソースにするのが主流だが、沖縄ではうどんに使うと聞き試してみた。周りにいたほかの外国人たちは黒いうどんを見て「これは何だ?」と物珍しそうに集まってきたが、食べるよう促しても誰ひとり口にしなかった。彼らの目にイカスミは奇異なものとして映ったのだろう。

オーストラリアで日本食が浸透しているとはいえ、まだまだすべてが受け入れられているわけではない。ただ、イカスミで黒くなった歯と口を見て笑う、という反応は日本でもオーストラリアでも変わらないようだ。(葦耶)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

メルボルンのスタートアップ、バーディーが、ハエの幼虫を使ったゴミ処理ビジネスを展開しています。さて、このエコビジネス、処理過程で発生するのは水と何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る