あんこ考

まんじゅうや団子など、和菓子にはあんこが欠かせない。こちらもオーストラリアで韓国系食品店やアジア系ベーカリーに入ると、ついでに必ずあんパンを買うほどのあんこ好き。だが、市販されているあんパンなどには保存料などが含まれているのだろうからと、自分であんこを作ってみることにした。

レシピを見ると、砂糖を入れる量が意外に多いことが気になったものの、市販のものに勝るとも劣らぬあんこのできあがり。新鮮なパンの中に入れると、自分であんパンを作れることになり、満足この上ない。クルミ入りあんパンなども簡単にできる。

だがオージーを含めて、西洋人はなぜか、あんこが苦手だという人が多い気がする。小豆はオーストラリアでもよく取れるので、あんこのコクやおいしさがオージーの間で理解されれば、かなり小豆の国内消費にも役立つだろう。オージーなら、オーガニックあんこ、なども出てきそうだ。(西嵐)

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

メルボルンのスタートアップ、バーディーが、ハエの幼虫を使ったゴミ処理ビジネスを展開しています。さて、このエコビジネス、処理過程で発生するのは水と何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る