フュージョンブーム

オーストラリアの日本食フュージョンブームがとどまることを知らない。あるレストランでカクテルを頼んだら、ガーニッシュに黄色いレモン…かと思いきや、たくあんが添えてあった。またジェラートで有名な「メッシーナ」では、ジェラートにパン粉をつけて揚げ、パンで挟んだカツサンドイッチのデザートを発表した。英国出身のセレブシェフ、ジェイミー・オリバー氏が経営するイタリアンレストランがラーメンを提供すると聞いた時はあきれた。

日本の食材名をメニューに付けるのも流行していて、朝食で頼んだハムエッグトーストに「Korobuta(黒豚)ハム」という言葉が使われていた。マヨネーズも、キューピーのブランド名がメニューに書かれている。

度が過ぎるとフュージョンを通り越して、ただのまずい料理になるのではないかという不安がよぎるのは、まだ私の頭がオーストラリアとフュージョンされていない証拠だろうか。(花坊)

関連記事

アーカイブ

メルマガ登録

Facebook

ページ上部へ戻る