日本料理とチェコ人

シドニーで同居しているチェコ人の男女と一緒に、日本人の友人が働いている日本料理店へ出かけた。

特にヘルシーな料理が好きな完全菜食主義者の男性は日本食を楽しみにしていたのだが、彼はメニューを見るなり顔を曇らせた。自分もメニューを見ると意外にも彼が食べられる日本料理がサラダしかない。オーストラリアの多くの店で彼らのためのメニューがあるのだが。

友人に交渉してもらうと、キュウリとたくあんの手巻き寿司がずらりと出てきた。彼はそれを一瞬で平らげると、「他に何かないのか」と物足りない様子。すると店長がやってきて、メニューにないが、海藻うどんはどうかと聞いてきた。彼は「良く分からんが持って来い」。全員が見守る中やはり一瞬で平らげた。そして息をついた後に笑顔で一言、「ラブリー」。日本食を気に入ってもらえたようで何よりだった。(月上)

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る