第7回 世界の人が知るウールマーク

ウール製品のタグに表示されているウールマークをご存知ですか?ウールマークとは、世界130 カ国で使用されているザ・ウールマーク・カンパニーの商標です。羊毛の選定から縫製まで厳しい品質基準に合格した商品のみに付けられ、ライセンス契約を結んだ企業だけが使用することができます。そのため、ウールマークは消費者にとって信頼できる高品質の目印となっています。

このウールマークですが、新毛が使用される割合により、大きく3種類に分けられています。新毛のみ99.7%以上使用されている素材にはおなじみの「ウールマーク」が付けられ、これにより、ザ・ウールマーク・カンパニーが定めた素材性能・縫製などの厳しい品質基準に合格した製品であることを意味します。新毛50%以上とほかの繊維をブレンドした素材で、ウールマークと同様の厳しい品質基準に合格した製品に関しては、「ウールマークブレンド」が付けられます。

新毛30 ~ 50%とほかの繊維をブレンドした素材の製品には「ウールブレンド」が付けられ、カジュアルウェアやアクティブスポーツウェアなどの分野にも適したまったく新しいブレンド素材となっています。また最近ではウールマークの新しい仲間として「スポーツウール」が誕生し、吸湿性に優れたウールの機能に着目した吸湿速乾素材として大きな注目を集めています。

ウールマークが誕生したのは1964年。以来、世界中の人々に親しまれてきました。豪州と日本を含む世界の主要9カ国を対象に行ったある調査によると、ウールマーク(75%)を識別できた人の割合はベンツ(78%)のマークに次いで高く、以下◆マクドナルド・73%◆ナイキ・68%◆コットンマーク・19%と続きます。マクドナルドのマークよりもウールマークを識別できた人の割合が多かったとは驚きです。この結果はまさに、ウールマークが私たちの生活の一部となっている証といえます。

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

新型コロナや豪中貿易紛争の影響で縮小したSA州のロック・ロブスター業界に、州政府が支援の手を差し伸べました。どのような支援内容でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る