第182回 Langmeil Winery

アデレードのバロッサ・バレーに入ると、一面のブドウ畑が目の前に広がる。ブドウの木も、ある一角は年季のある太く、ねじれたようなブドウの木が並び、一方では若くまだ直線的な木が並んでいる。「ワイナリーを経営することにあこがれを抱く人は多いけれど、新しいワイナリーは最短でも利益を出すまでに8年はかかる」とガイドが教えてくれた。8年の内訳は、ブドウ苗木の成熟と調整に5年、ワインにしてから販売できるまでの熟成期間3年だ。その8年間、初期投資で莫大な資金とランニングコストがかかることは容易に想像できる。

手塩にかけて育てたブドウの木はワインメーカーにとってかけがえのないものだ。それを物語るような話を「Langmeil Winery」で聞いた。

1842年からの長い歴史のあるワイナリーだが、現在でも140年前のブドウの木を守っている。5年前、そのブドウ畑が一部売却され、140年もの間守られてきたブドウの木も破壊の危機を迎えたが、なんとこれらの木は丁寧に別の場所に植え替えられたという。

300本以上のブドウの木を移動させるのは並大抵のことではない。それでも時間をかけて移動された木は今でもブドウを実らせる。まさに引っ越しにより「自由の地」を手に入れたブドウからできたワインは「The Freedom」と名付けられ、売り切れ御免の看板商品となっている。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

小売り大手ウールワースが、ある事業の分離・上場を計画しています。それは何の事業でしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る