第193回 CRAWFORD RIVER WINES

【CRAWFORD RIVER WINES】
741 UPPER HOTSPUR RD CONDAH VICTORIA 3303
TEL:+61 3 5578 2267
http://www.crawfordriverwines.com/

久しぶりにメルボルンを訪れた。メルボルンの郊外には、車で1時間半ほどで行けるワイナリーがヤラバレーとモーニントン半島にある。南極からの冷たい風が吹き込むモーニントン半島は、冷涼な気候で栽培が盛んなピノ・ノワールの名産地だ。地元の方に聞くと、Stoniers Winesや、Yabby Lake Vineyardのピノ・ノワールが有名なようだ。メルボルンのレストランでも地元のワインを提供しているところは多く、今回訪れた「Gills Diner」でもビクトリア(VIC)州のワインを提供していた。モダン・オーストラリアン料理に合うような「甘すぎないリースリング」を店員に聞いてみると、「CRAWFORD RIVER」が出てきた。VIC州と南オーストラリア(SA)州の境に近いコンダ―(CONDAH)産だ。甘すぎず、辛すぎず、主張しすぎないところが食事によく合う。このレストランがパン屋を隣接させていて、そこからフレッシュなパンが提供されるのだが、このシンプルなワインとの相性が最高で、肝心のメインディッシュの前にパンを食べすぎてしまったほどだ。さて、メルボルン恒例の日本の行事「夏祭り」に弊社からもラッフル賞品として、ささやかながらワインを提供することになった。もし、メルボルンで弊社提供のワインが当たった方がいれば、筆者の選んだワインを豪快に楽しんでいただきたいものだ。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

「牛を使わない」乳製品を開発したEden Brewは、代わりに何を使ってクリーミーなミルクを製造するのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る