第201回 Helm Wines


【Helm Wines】
Butts Road, Murrumbateman NSW 2582
TEL:+61 2 6227 5953
http://www.helmwines.com.au/

多雨の12月と涼しい1月を経て、ニューサウスウェールズ州のハンターバレーではワイン用ブドウの収穫時期となった。ニュースやネット上のコメントを見ていると、この気候がブドウの糖度を低くしてしまうのではないか、という懸念と、雨の降る時期が絶妙だったので豊作だという楽観的な話題の両方を目にする。後者である生産者団体は、特にシャルドネやセミヨン種のブドウには良い気候だったとコメントしていた。

ワインを作るために必要なブドウの糖度は15~25度だ。夏場にスイカに糖度を表示して売っていたりするが、スイカの糖度がおよそ11度なので、ブドウは果物の中でも糖度の高い部類に入る。それだけ甘いジュースを原料にワインを作っても、全てが甘くフルーティーなワインになるわけではないのが面白いところ。それもそのはず、ブドウの糖は発酵によりアルコールになるので、発酵させる時間を長くすればアルコール度数が高く辛口のワインができる。

キャンベラ近郊にあるHelm WinesのKen Helm氏によると、一般的には甘口のワインで知られるリースリングの発酵時間を長くして辛口のリースリングを作るのだという。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ニュージーランド貿易経済促進庁が対日貿易促進で重視する3つのCとは、Connection(つながり)とCommitment(責任)と、あと一つは何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る