第205回 Amisfield Wine

【Amisfield Wine】
1113 Wanaka-Luggate Highway RD 3, Cromwell 9382 New Zealand
TEL:+64 3 445 4901
http://www.amisfield.co.nz/

他州に出かけた時にいつもうらやましく思うのは、他州の都市には大抵、市内から車で1時間以内の距離にワイナリーがあることだ。
シドニーからだと、ハンターバレーは2時間半はかかる。大好きな場所だけに、もう少し近くにあれば、といつも思う。今回訪れたニュージーランド(NZ)の北島にあるオークランドも都市とワイナリーの距離は非常に近い。しかも、有名な地域が2つあり、一つは市内から車で西に20分ほどの西オークランド。クメウリバーが流れ、イチゴなどの栽培など農業も盛んなようでファーマーズマーケットもあった。

もう一つは、オークランドの港からフェリーで30分ほどの場所にあるワイヘキ島。ちょっとしたクルージングを楽しんだ後にワイナリー巡りができるとは、なんと素敵な演出だろう。これらの地域のワインについては次回以降に紹介したい。

さて、筆者はNZに来てからすっかりピノ種のワインにはまってしまった。先週は、ほのかに日本酒のような味わいのあるピノグリを紹介したが、その後には「Amisfield」のピノ・ノワールを堪能した。このワイナリーはセントラルオタゴにある。セントラルオタゴは、世界でも注目のワイン生産地で世界最南端にある。標高の高い地域はピノ・ノワールの栽培には最適だ。同ワイナリーのウェブサイトにはワイナリーの背景に雪化粧をした山も写っていた。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

上場計画を再始動したカキの養殖会社イースト33によると、シドニーロックオイスターの価格は上昇していますが、過去5年間で何%上昇したでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る