第206回 Nobilo

【Nobilo】
45 Station Road, Huapai, Auckland, New Zealand
TEL:+64 9 412 6666
http://nobilo.co.nz/

オークランド市内から車でほんの30分も走ると、同じく「オークランド」と呼ばれるワイナリーが点在するエリアに着く。高速道から一般道に入るとすぐに羊や牛の姿が見られる農業地帯だ。ここに来て初めて、ニュージーランドで栽培されているブドウを見つけたのだが、豪州で見かけるものよりも少し背が高く、きれいにネットをかけられていた。これは、熟したブドウを食べにくる鳥を防ぐためにかけてあるものらしい。まるで蚊帳に入っているようで、大事に育てられていることが良くわかる。

さて、西オークランドでは「Nobilo」のセラードアを訪れた。ここでは、同ワイナリーグループのMarlboroughやHawkes Bay産のワインも試飲できる。中でも気に入って購入したのは「Nobilo Icon Methode Traditionnelle」というスパークリングワインで、ちょうど試飲の時に新しいボトルを開けてもらったということもあり、泡がとてもクリーミーだった。その名前からも分かるように、伝統的なシャンパンを作るのと同じ工程で手間をかけて作られている。それなのに、1本23NZドル(約1,500円)はバーゲンだ。すっきりとした辛口で、これに生かきなど合わせれば最適だろう。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

上場計画を再始動したカキの養殖会社イースト33によると、シドニーロックオイスターの価格は上昇していますが、過去5年間で何%上昇したでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る