第175回 innocent bystander

 「早起きは三文の得」とはよく言ったもので、今回のグッドフード・アンド・ワインショーでも開場時に間に合うように行くべきだったと何度も後悔した。特に、午後になるとワインの試飲はどこも込みあう。地域ごとに集まったワイナリーの展示場では各ブースが人だかりで試飲できるまでに何分も待たねばならなかった。また、試飲している間もゆっくりとワインについて話せる雰囲気ではない。次から次へと試飲希望者がやってくる。

 人込みの中をかき分けて、やっと一息ついたところにオアシスのようなワイナリーを見つけた。実験用のフラスコに入れたピンクのスパークリングワインを、試飲なのにグラスに半分も注いでくれる。「innocent bystander」というワイナリーで、看板商品の「MOSCATO」はマスカットの果汁だけで作られた低アルコールのスパークリングワインだ。

 フルーティでカクテルのように飲みやすい。375mlの小瓶でも売られているので、グラスを使わないでストローで直接飲むのもしゃれている。英国などで人気のアップルサイダーのような感覚で飲めるスパークリングワインだ。ワインのイメージとは少々違ったものだが、アルコール度数14%前後のワインを次々と試飲した後にはこれくらいの軽いものも良いだろう。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ニュージーランド貿易経済促進庁が対日貿易促進で重視する3つのCとは、Connection(つながり)とCommitment(責任)と、あと一つは何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る