第173回 Riede

 先週にも紹介したグッドフード・アンド・ワインショーで、高級ワイングラスメーカーであるリーデル社が各種ワイングラスやデキャンタを展示していたほか、参加者体験型のテイスティングセッションを開催していた。参加者は同社のワイングラスを持ち帰ることができるので、予約段階で売り切れているものが多かった。

 さて、同社のワイングラスは赤ワイン、白ワインという分別だけではなく、シラーズ用、カベルネ・ソービニョン用などというように品種別に細かくデザインが異なる。グラスの縁を微妙にカーブさせてワインが口内に届く場所を変えていたり、グラスの深さと形でワインのアロマを最大限引き出す工夫がされている。

 そんなワイングラスの中に、ひとつだけ真っ黒なグラスを発見した。これでは微妙なワインの色味や、ワインの「脚」を見てアルコール度数を測ることもできないのではなかろうか?

 「これは究極のブラインドテイスティング用グラスなんです」同社のスタッフが教えてくれた。「視覚に頼らずに、嗅覚(きゅうかく)と味覚だけでどんなワインか想像する、ワインテイスティングのおもちゃみたいなものです」と笑いながら付け加えた。なるほどおもちゃとして購入するには高価なグラスだが、遊び心のある商品だ。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

西オーストラリア州最大の穀物取扱業者CBHグループが、資源各社とあるものの争奪戦を繰り広げています。それは一体何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る