第169回 St Hallett

メルシャンの販売する豪州産ワイン「セント・ハレットタティアラ」が、日本で売れ行きが好調だという。セント・ハレットは南オーストラリア(SA)州バロッサバレーのワイナリーで、さまざまなワイン評価でも高評価を得ている。今年のワインカタログ「Australian Wine Vintages」(カバーが金色のため、豪州在住の日本人からは「金本」と呼ばれる)でも、最高評価の金5つ星を獲得している。

さて、「セント・ハレットタティアラ」は日本向けのため、メルシャンの醸造家もブレディングに参加して作られたそうだ。名門ワイナリーからの日本人向けワイン、是非試してみたいのだが、日本でしか入手できない。日本での価格は800円前後ということなので、豪ドルにしても10豪ドル程度。とても手ごろだ。

そういえば、日本に帰国した際にいつも驚かされるのは物価の安さだが、ワインについても同じ。750mlボトルのワインは1,000円前後で、豪州ワインは少しチリワインよりも高いものが多い。チリと豪州では物価はずいぶんと違うだろうに、同じ土台に並べられると物価の高い豪州のワインも厳しい価格競争にさらされる。

一方、豪州の箱入りカスクワインも値上げがささやかれている。同じワインでも実は日本で買う方が安いという日が来るかもしれない。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

NZの研究者が参加した調査で、牛のトイレトレーニングに成功しました。トイレで排尿できた牛には、ご褒美として何がもらえるのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る