第167回 Moothi Estate

豪州で一番の人気ワイン品種がソービニョン・ブランから移行しようとしている。そんな記事を新聞で読んだ。2009年ころからソービニョン・ブランは豪州で大人気となった。それまでは長くシャルドネ人気が続いていたが、2008年後半からソービニョン・ブランにそのシェアを奪われた。特に、ニュージーランド(NZ)マールボロ産のものが人気の火付け役で、その代表格の「Oyster Bay」は豪州で最も売れている白ワインだ。

先日訪れたワインフェアでは、3つのブースでシャルドネを飲み比べたのだが、ワインメーカーと年代でこれほど味が違うのか、と感嘆した。典型的なシャルドネは、「年代物、オークの香りがする、はちみつのようなリッチな味わい」でこれにぴったりと当てはまるのは「Walter Wines」の2006年ものだった。逆に「Moothi Estate」の2010年ものは若く、ほとんどオークの香りがしないので、若者に人気のある「リフレッシュタイプ」の白ワインと言えるだろう。

さて、新聞記事ではソービニョン・ブランの次にブームになるワインとして、意外にもピノ・ノワールを予想していた。ピノ・ノワールがソービニョン・ブランほどの人気を獲得すれば赤ワインのシェアが、白ワインよりも高くなることもあるかもしれない。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

上場計画を再始動したカキの養殖会社イースト33によると、シドニーロックオイスターの価格は上昇していますが、過去5年間で何%上昇したでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る