第166回 Botobolar Vineyard

15日にピアモントで開催された「フード・ワイン・アートフェスティバル」にはNSW州のマッジーから30軒ものワイナリーが出店した。マッジーでもオーガニックのワイン作りで有名なのは「Botobolar Vineyard」だ。

このワイナリーでは保存料無添加のワインも作っており、2010年の保存料無添加のシラーズは昨年のマッジーワイン・ショーで金メダルを獲得した。これは是非試してみたいと思ったが、人気のあまり売り切れてしまっていた。「少し若いですけど、2011年の保存料無添加シラーズを試しませんか?」と、店の女の子が勧めてくれたので試してみたのだが、やはり若すぎた。例えるなら、渋めのブドウジュースのようだ。あと1年は置いておいた方が良さそうだ。

そのままではなにやら後味が悪いので、2007年のシラーズも試したところ、これは素晴らしい。若すぎた赤ワインの後にガツンと飲み応えのあるシラーズが効いた。2007年は、干ばつの翌年で、ようやく各種ブドウの収穫が安定した年である。そんな厳しい年を経験したブドウからできたシラーズだからだろうか、より深みのある味わいを感じた。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

食品業界で流行の概念「クリーンラベル」とはどういった概念でしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る