第164回 Tyrrell’s Estate

ワイン好きなら、豪州に住んで1年もするとお気に入りのワイナリーや特別な1本というワインに出会うだろう。初対面のお客様とワインの話題で和やかに会話が進み、お薦めのワインを教えてもらうこともある。

先日はランチにお邪魔した先で、主賓のお気に入りワインをいただくことができた。ハンターバレーでも歴史のある「Tyrrell's Estate」の看板ワイン2004年の「SemillonVat1Hanter Valley」だ。ハンターバレーはセミヨンの名産地としても有名で、この地のワイナリーにはセミヨン100%のワインが比較的多く売られている。すっきりとした辛口で、シーフードとの相性が抜群だ。

さて、セミヨンはよくソービニョン・ブランと混合して売り出される。この混合ワインで個人的に気に入っているのはハンターバレーBrokenwoodのCricket Pitch。ほかにも多くのワイナリーから売り出されているが、別の食事会で発見した「Amberley Estate」のセミヨン/ソービニョン・ブランも食事に合わせやすく、酸味が強すぎない点が気に入った。調べてみるとこのワイナリーでもセミヨン/ソービニョン・ブランの混合ワインを得意としているようだ。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

飲料大手のコカコーラ・アマティルが、今月10日に社名を変更しました。新しい名前にはオーストラリア以外の国名も含んでいますが、さてその国はどこでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る