第159回 RICCADONNA

祝日の少ない豪州で、4月はイースターホリデーとアンザックデーがあるので心待ちにしている。今年は、これらの祝日が4月下旬に重なるため、週末を挟んで5連休となるのだが、キリストの受難日から復活の月曜日までは肉類とアルコールを口にしないクリスチャンも多いのではないだろうか。

スーパーマーケットではこの時期イースターエッグやウサギの形のチョコレートを大売り出しする。かわいらしいラッピングに引かれてついつい必要以上に買ってしまったり、近所からいただいたり、いつのまにか自宅にチョコレートが増えている。

意外なようだが、チョコレートは赤ワインと相性が良い。個人的に渋みの少ないマイルドな赤ワインを普段から好んでいるのだが、そのような赤ワインはチョコレートにも合う。例えば、「Ivanhoe Wines」のレスリースイートシラーズは酸味、渋みがほとんどなく、非常に飲みやすい赤ワインだ。チョコレートはビターチョコレートがいいだろう。また、スパークリングワインの「RICCADONNARuby」はチョコレートの甘さに押されてワインを苦く感じてしまう心配がない。それほど甘口なので、常温では甘すぎると感じるかもしれない。こんな風にイースターホリデーの間もワインを飲んでいると、クリスチャンには感心されないだろうが、連休のひそかな楽しみでもあるのだ。

 

 

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

小売り大手ウールワースが、ある事業の分離・上場を計画しています。それは何の事業でしょうか ?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る