第155回 Winburndale Vineyard

ヴィティカルチャリスト(viticulturist)――。2〜3杯ワインを飲んだ後では舌をかんでしまいそうな名称だが、醸造用ブドウ栽培のプロフェッショナルの名称だ。先月開催されたニューサウスウェールズ(NSW)ワインフェスティバルで、テイスティングサービスをしていたマークさんは、シドニーから約200キロ西部に位置するバサーストのワイナリー「Winburndale Vineyard」のヴィティカルチャリストだ。

マークさんのお薦めは、2008年のカベルネソーヴィニョン。オーストラリアン・スモール・ワインメーカーズ・ショー(ASWS)でトロフィーを受賞している。バサーストの昼夜の気温差と冷涼な気候や土がどれだけブドウ栽培に適しているか、熱心に話してくれた。

同ワイナリーを訪れてみたくなり調べたところ、バサーストには数件のワイナリーがあることが分かった。しかし、ハンターバレーのように週末にセラードアに行けばすぐにテイスティングができるというわけではなく、予約を入れてから訪問する必要がある。ハンターバレーほど観光地化、商業化されていないところを不便と感じるか、逆に魅力となるのか確かめに近々訪れてみたいと思っている。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

「牛を使わない」乳製品を開発したEden Brewは、代わりに何を使ってクリーミーなミルクを製造するのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る