第152回 PEWSEY VALE

2011年シドニーロイヤルワインショーの審査が、今月7日から10日にかけて行われた。国際審査員のステファン・ブルック氏がスカイニュースのインタビューに登場し、ワインショーの審査期間には一日に最大160種類のワインをテイスティングすると語っていたのには驚いた。確かにワインレッドに染まった口元がそのテイスティングの数を表している。

さて、今週末にはシドニー西部のホームブッシュにて、同ワインショーが一般に開場される。また、会場に行かずともウェブサイトで受賞ワインをチェックして酒屋で探してみるのも面白いだろう。自分の気に入っているワインメーカーはいくつメダルを受賞したかということも気軽に以下のウェブサイトで調べることができる。http://www.myras.com.au/res/results/WineResults.aspx

個人的に、ソービニョン・ブランのブームは過ぎ去り、酸味の少ないフルーティな味わいのリースリングがマイブームとなっている。そんなマイブームの火付け役、PEWSEY VALE VINYARDは2008年のビンテージ・リースリングがリースリング部門のクラス42でゴールドメダルを受賞していた。2010年ものは多く出回っているようだが、2008年を見つけたら是非、購入してみたい。

 

 

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリアのオーガニック食品業界の今年の成長率は、年何%と見込まれているでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る