第151回 Tempus Two

先週末の土曜日、シドニーの熱波が最高になった。天気予報を見て覚悟はしていたものの、想像以上の猛暑で、予定していたハンターバレーへの日帰り旅行も取りやめてしまったほどだ。ハンターバレーで青々と茂ったビンヤードを眺めながらのランチを楽しみにしていた。これはシドニー西部バルメインにあるパブで時間をつぶすことで代用された。

モダンなレストランがメーンストリートに並ぶバルメイン――。ワイナリーでの食事はあきらめ、せめて、オープンカフェで優雅に早めの夕食を、とカフェ・レストランStars at Gigi'sを訪れた。ここはハンターバレーのワイナリーTempus Twoのワインをメーンに取りそろえている。アンティパストの盛り合わせとワインをセットにした前菜が人気で、マッチしたワインを一緒に楽しむことができる。前菜に合うワインということで、セミヨン・ソービニョン・ブランが一緒に出された。

一向に威力の衰えないまぶしい西日を浴び、汗をしたたらせながらいただいていると、ワイングラスも大汗をかいてすぐに温まった。ただし温まったワインは、冷やして飲むよりもアロマを楽しめるのは良い。暑い夏などは白ワインを冷やしすぎてしまいがちだが、グラスが少し汗をかく程度で十分だとも聞いたことがある。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

ニュージーランド貿易経済促進庁が対日貿易促進で重視する3つのCとは、Connection(つながり)とCommitment(責任)と、あと一つは何でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る