第150回 Lincoln Estate

豪州でも人気のスマートフォンは、アプリケーションと呼ばれるソフトウエアをダウンロードして、自分仕様にできる。先日、ワインのアプリケーションがあることを知り、早速検索してみた。

ワインのトリビアをクイズに答えながら学べるものや、ワインの印象を書き留めておくワイン手帳もある。今回ダウンロードしたWine-Linkは日本の酒類専門商社の運営するアプリケーションだ。日本で販売されているワインに付けられたブドウマークをアプリケーションのカメラで撮影すると、そのワインの産地や品種といった基本的なことはもちろん、ワイナリー情報、口コミの評価などを見ることができる。残念ながら、豪州ではブドウマークがないのでこのカメラ機能は利用できない。ただし、同アプリケーションに登録された1,000本以上のワイン情報は無料で閲覧できる。

その中でバレンタインデーも近づき、ビターチョコレートに合うワインとして、豪州のLincolnEstateが紹介されていた。同ワイナリーのオーナーは南オーストラリア(SA)州のマグロ養殖で成功したタービー家だそう。サイトを調べてみると、ワインラベルにしっかりマグロのイラストがあった。こんな面白い豆知識を入手できるとますますこのアプリケーションを使いたくなる。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

上場計画を再始動したカキの養殖会社イースト33によると、シドニーロックオイスターの価格は上昇していますが、過去5年間で何%上昇したでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る