第4回 MOSCATO D’ASTI

PRODUTTORI MOSCATO D' ASTI ASSOCIATI S.C.A.
Via G. Carducci,50/a – 14100 Asti Italia
tel 39-0141-353-857
fax 39-0141-436-758
http://www.produttorimoscato.it/index.htm

ライカートに住んでいると贅沢なもので、イタリア料理も飽きてたまには日本食が食べたいと思ったりする。

そこでライカートで唯一の日本食レストランに行ったときのことである。和食に関しては競争が激しくないので、ここには日本人シェフはいない。BYOの店なので連れに席を取っておいてもらい、隣の酒屋にワインを選びに行った。

定番のシャルドネやソヴィニヨンブランはひと通り並んである。その中から選べば大抵間違いはないのだが、この日はなぜか奥の棚にあったMASCATが目に留まり、「甘いかな」と思いつつ、たまには違った味もいいかも、と楽天的にそれを買ってレストランに戻った。

連れはすでにオーダーも済ませてくれていて、先にワインを空けると「ポンッ」と大きな音がしたので「もしや」と思っていると案の定スパークリング・ワインだった。連れに食事に甘いワインは合わないと突っ込まれつつ、何とか「食前酒」としての役目は果たしてくれたのだが、オーダーした料理の寿司や照り焼きチキンがまた甘くて、結局ほとんど飲まずに持ち帰ることになった。

このような失敗をしないためには、面倒でも店員に「これはどんなワインか」と聞いておくべきだろう。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

「牛を使わない」乳製品を開発したEden Brewは、代わりに何を使ってクリーミーなミルクを製造するのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る