第7回 WEKCOM HOTEL

WEKCOM HOTEL
91 Evans st Rozelle NSW
tel 02 9816 1323
fax 02 9816 4247
www.thewelcomehotel.com/

豪州でもパブに行くとビール派が多いが、せっかく世界でも有数の良質のワイン生産国なのだからパブでもワインをオーダーしている。パブの本場アイルランドでは確かに泡がきめの細かいギネスなどのビールは美味しかったが、ワインは1人用の小ボトルに入っていて、頼んでもないのに店員がキャップを開けて出してくれる。

これは後で聞いた話だが、キャップが開けられて出てくる小ボトルのワインはボトルの使い回しをしていて、中身は安いボックスワインだったりするそうだ。

そのせいなのか、豪州のフレッシュな防腐剤の入っていないワインを飲み慣れていたせいか分からないが、翌日は激しい頭痛に見舞われた。いずれにせよ、豪州ワインの質の良さを改めて実感する出来事だった。

さて、先日行ったロゼルのパブはレストランを併設しているためワインの種類が多く、ワイン好きにはお勧めだ。
毎週土曜日の夕方から音楽の生演奏がある。バイオリン、バグパイプ、チェロの伝統的な演奏に地元の人たちは手拍子や足を踏みならして盛り上がる。アイルランドだったら雰囲気こそいいけど、ワインの味はいまいち。一方、豪州はワインがおいしいのに、周囲が騒々しかったりする。ここなら、まるでアイルランドにいるかのような錯覚が……。飲んだのは日本にも輸出されているペンフォ-ルドで、しかも安い物だったけど、ここで飲むとおいしく感じられた。豪州産のワインを飲めるので、むしろアイルランドのパブより断然いい!

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

新型コロナや豪中貿易紛争の影響で縮小したSA州のロック・ロブスター業界に、州政府が支援の手を差し伸べました。どのような支援内容でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る