第8回 Willow Bridge Estate

Willow Bridge Estate
PO Box 97
DARDANUP, WA, 6236
tel 08 9728 0055
fax 08 9728 0066
http://www.willowbridge.com.au/

ワイン・テイスティング・パーティーに初めて参加した。
赤・白6本ずつラベルを隠したワインをブラインド・テイスティングして、それぞれの品種、地域、年代を当てていくというもの。

普通のテイスティングでは、そのワインの説明を聞きながら進めていくので売り手の言うことによって自身のテイストも左右されていたのかもしれない。

そんな受け身のテイステイングから一転、自分の五感を頼りにブラインド・テイスティングをすると、今までの自分の「思い込み」に気付かされた。

例えば、白ワインでシャルドネはフルーティで飲みやすく、セビニョン・ブランはドライで食事に合うイメージがあった。これがブラインド・テイスティングでは真逆だったのだ。そんなわけで散々な結果に終わった初めてのブラインド・テイスティングだが、ワイン通の参加者から教わることも多く、自分の思い込みではなく正しい知識を増やすにはすばらしい機会だった。

今回紹介するのは白ワイン6本の中で、香りが爽やかで最も気に入った「Willow Bridge Estate(Geographe,WA)2007 Sauvignon Blanc-Semillon」。思いがけず、自分好みのワインに出会えることもブラインド・テイスティングの良いところだ。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

蒸留酒メーカーのラーク・ディスティリングが、タスマニアに3カ所目となる蒸留施設を取得しました。これにより、同社は以前から計画していたあることを、前倒しで実行するそうです。さて、それはどんなことでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る