第26回 Casiiero del Diablo

Seresin Estate
Av. Nueva Tajamar 481 Torre Norte,
Piso 15,Las Condes, Santiago,CHILi
Tel 56 2 476 50 00
Fax 56 2 476 51 95
http://www.casillerodeldiablo.com

豪州の統計によると、豪州国内で販売されるワインのうち輸入ワインが占める割合はまだ10%未満だが、過去2年で大幅な伸びを記録するなど全体的には増加傾向にあるようだ。豪ドル高で海外向けの輸出は厳しいものの、消費者の立場ではこの機会に世界のワインを手軽に試すことができるのは悪くない。日本にいた時には、国産ワインを飲むことの方が少なく、さまざまな輸入ワインを飲んでいたのだから。

今回購入したのは、日本でも人気のあるチリワイン。個人的にフレッシュな白ワインが好きなので2007年のソーヴィニョン・ブランクを選んだ。ワインボトルとキャップに描かれた絵がかわいいと思ったのだがウェブサイトで確かめてみると、ワインセラーの中に悪魔の影がちらついているものだった。辞書で調べたところ「Casiiero del Diablo」は、「ワインセラーの悪魔」という意味らしい。舌がピリピリするくらい渋い赤ワインに似合いそうなラベルだが、今回のソーヴィニョン・ブランクは涼しげな柑橘系の香りでむしろリフレッシュにぴったり。ただ、あまりに涼し気なので、グラスの半分を飲むと寒気がしてきた。もう少し暖かくなってから飲むべきだったと後悔。やはり購入してしまったのは「悪魔の誘惑」なのか。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

新型コロナや豪中貿易紛争の影響で縮小したSA州のロック・ロブスター業界に、州政府が支援の手を差し伸べました。どのような支援内容でしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る