第32回 Domein Chandon

Domein Chandon
'Green Point' Maroondah Highway, 
Coldstream VIC 3770
Tel 03 9738 9200
Email: ickoll@domainechandon.com.au
http://www.domainechandon.com.au

連休に、念願のビクトリア州のワインどころであるヤラバレーに足を運ぶことができた。まだ肌寒いくらいの気温だったが、ヤラバレーではすっかり春の雰囲気でいたるところで花が咲き、牧場は緑の新芽で覆われて気持ちのよい開放感に包まれていた。

今回紹介するのは、ヤラバレーに来たら誰もが必ず訪れるであろう場所のドメインシャンドン。フランスの手法をそのまま活かしたシャンドンでテイスティングができるだけでなく、シャンパンの製造や歴史などを学習できるようになっている。広い店内はすべてスタイリッシュで、まるで高級ブティックのよう。そこがヤラバレーであることを再確認するのは、レストランのガラス張りの窓から見える美しい景色だ。その景色を眺めながら飲むシャンパンは、気分をリフレッシュさせてくれる。「年末に日本に帰国したらシャンドンで新年を祝うのもいいかもしれない」、そんなことを考えながら「CHANDON Cuvee Riche」を購入した。

別のワイナリーではヤラバレーで有名なピノ・ノワールやシャルドネをテイスティングしたのだが、そこの店員が話していたことが印象に残っている。ヤラバレーはピノ・ノワールの栽培に適した地域であるが、近年は夏の気温が上昇してきてシラーズやカバルネの栽培も増えてきたそうだ。地球温暖化の影響がじわりとワインの品種も変えつつあるというのは、恐ろしいけれどもこれが現実。ヤラバレーはいつまでもピノ・ノワールの名産地であってほしいと願った。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

「牛を使わない」乳製品を開発したEden Brewは、代わりに何を使ってクリーミーなミルクを製造するのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る