第39回 Flying Fish Cove

Flying Fish Cove
Caves Road Wilyabrup, Margaret River WA
tel 61 8 9755 6600
fax 61 8 9755 6788
cellardoor@flyingfishcove.com
http://www.flyingfishcove.com/

ワインの香りや味を表現するときに、例えとして何を挙げることが多いだろうか。あるワイナリーをめぐるツアーに参加したとき、案内役のガイドが「アルファベットのAからZでワインのフレーバーを探しましょう。例えばAならApple,Avocado,Almondといったように思い浮かぶフレーバーを出し合いましょう」と提案があり、20人近くいた参加者からは次々と回答が飛び交った。

このように1つ1つ挙げていくとワインのフレーバーを表現する「例え」は無限にあるように思える。白ワインで代表的なのはシトラス、柑橘系のさわやかな香り。赤ワインではブラックベリーやアーモンドといったところだ。このような例えを知っておくと、ワイナリーでテイスティングしたときに「美味しい」とか「良い」といった抽象的な意見ではなく、自分にとってどのように感じたかを表現できるので、ワインボトルに書いてある言葉やほかの人の評価を参考にしている。

先日参加した集まりで、白ワインを2本オーダーした。1本は「Optimise」の2007年シャルドネで、飲みやすいのだが柑橘系の苦味にも似た後を引かない苦味があり、食事によく合っていた。2本目は「Flying Fish Cove」の2006年セミロン、ソ-ヴィニョン・ブラン。1本目よりミネラルの香りが強いと思った。同席していた友人は「草の臭いがする」と表現したのでもう一度香りだけ確かめると、なるほど草原で深呼吸をしているような爽快感のある香りだった。

今までワインのフレーバーを表現する例えではなかったレパートリーを増やすことができたので、やはり周囲の人の感覚を聞いてみるのは面白い。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

上場計画を再始動したカキの養殖会社イースト33によると、シドニーロックオイスターの価格は上昇していますが、過去5年間で何%上昇したでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る