第43回 Stefano Lubiana Wines

Stefano Lubiana Wines
60 Rowbottoms Rd Granton TAS 7030
tel 61 3 6263 7457
fax 61 3 6263 7430
http://www.slw.com.au/   
wine@slw.com.au

先週の日曜日にわたしの住んでいるライカートで毎年恒例の「キャロルズ・オン・ノートン」というイベントが開催された。目抜き通りのノートン通りにあるパイオニア公園には、家族連れがピクニックの用意をして集まってくる。わたしたちも友人を誘って出かけた。

午後7時にイベントが開演すると、「ライカート・エスプレッソ」という名の地元のコーラス隊がクリスマスソングを見事なハーモニーで歌い始める。聞き手であるわたしたちは気ままにビニールシート広げ、クリスマスソングをBGMに、おしゃべりやカードゲームをしたりしてのんびりと過ごした。

この日は日中は暑く、冷やした白ワインを持っていったのだが、夕方から涼しい風が吹くようになったので、途中で赤ワインに変更した。友人がタスマニアのピノ・ノワ-ルが美味しいと奨めてくれたので「Stefano Lubiana」の2007年ピノ・ノワ-ルを購入。日本でも人気があるようで4,500円でオンラインワインショップに登場していたが、こちらでは30豪ドル以下で入手できた。スモークサーモンやクリームチーズ、クラッカーと良く合うライトな味わいだ。

イベントが始まって1時間もすると、野外の風に体が冷えきってしまい、背中がゾクゾクしてきた。結局、持参した毛布にくるまって、ワインを飲みつつキャロルを聞くということに。それにひきかえ、子どもはキャロルに合わせて踊ったり、芝生の上を転げ回ったりして元気いっぱいだ。日本の花火大会や盆踊り大会と、どことなく類似するイベントだった。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

NZの研究者が参加した調査で、牛のトイレトレーニングに成功しました。トイレで排尿できた牛には、ご褒美として何がもらえるのでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る