第44回 Hope Estate

Hope Estate
2213 Broke Road, Pokolbin NSW 2320
Hunter Valley
tel 612 4993 3555
fax 612 4993 3556
http://www.hopeestate.com.au/
info@hopeestate.com.au

年末年始を利用してニューサウスウェールズ州ハンターバレーに1泊してきた。前回、10月に訪れた時はブドウの花が咲いた直後でごま粒くらいの小さなブドウができていたが、そのブドウも大きく成長して色付き始めていた。ひと粒食べてみると、まだ少し酸っぱく種があるとはいえ、これからワインの原料になっていくかと思うと、また来年訪れて出来具合を確認したくなってしまう。

雲1つない晴天のハンターバレーは、数分外を歩いただけで喉が乾いてくるほど乾燥している。そんな中、初めて「Hope Estate」のワイナリーを訪れた。まず驚くのはその広さだ。1994年にオーナーのマイケル・ホープ氏が15ヘクタールから始めたワイナリーは、これまでに80ヘクタールを追加し、巨大な敷地となっている。

まだ整備の途中で駐車場までの道が石ころだらけだったり、芝生の岡にテープが貼ってあるのは惜しいが、あと1年もすれば完璧な外観に整うだろう。1階のひんやりした売り場でテイスティングをしていると、窓からカンガルーが10頭ほどやって来ているのが見えた。思わずテイスティングを中断し、外に飛び出してしまった。スタッフに聞くと時々集団でやってくるそうだ。これだけ広い敷地だとカンガルーが迷いこむのも無理はない。

この日購入したのは2007年のセミヨン。ロビン・ブラッドリ-氏のオーストラリアン・ワインビンテージでは4つ星がついていた。さっぱりした切れの良い後味で、ハンターバレー産セミヨンのレベルの高さが伺える。

 

 

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

今週トップは創刊500号を記念した州政府駐日事務所座談会です。参加した州は東京に駐日事務所を置いているすべての州ですが、さていくつの州でしたか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る