第130回 Chateau Paul Mas

【Chateau Paul Mas】
Chateau de Conas – 34120 Pezenas
Tel:+33 4 67 90 16 10
Fax:+33 4 67 98 00 60
http://www.paulmas.com/

前回のコラムでも登場した、リカーショップマネジャーのデビットさんはとてもフレンドリーで、結局30分以上お勧めワインについて語ってくれた。前回の「Arrogant Frog」は「Les Doains Paul Mas」ワイナリーのカジュアルブランドだ。今回の「Chateau Paul Mas」はこのワイナリーのワインでは少し価格帯が高い。店内でもやや高級品に属するようで、ワインを傾斜に寝かせるようにして陳列してある。

「Chateau Paul Mas」ブランドではシラーズがお勧め、ということでボトルを見てみると「Shyrah」と書いてあった。フランスワインではシラーズではなく、シラーと呼ぶことをすっかり忘れていた。ワイン造りが盛んな南フランスの中でも、品質管理に特に力を入れているワイナリーだと言う。価格は20豪ドル弱だった。

デビットさんは、米国に留学経験があり、大学で化学を専攻していたということで、ワイン醸造工程についても詳しい。米国で日本人の先生から合気道を習っていたという親日家。ついつい長話をしてしまいそうだが、またこの店に来る楽しみができた。

渡部妙子NNA豪州マーケティング部長

投稿者プロフィール

日本で栄養士・管理栄養士資格を持つ。食品会社の品質管理員や、病院食・学校給食の献立作成、栄養指導業務に従事した経験も。06年渡豪。豪州ワインのおいしさに魅せられ、ワイナリー、ワインバーめぐりを趣味とする。 5年間で訪問したワイナリーは50カ所以上。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

ウェルスのトリビア

オーストラリアのオーガニック食品業界の今年の成長率は、年何%と見込まれているでしょうか?(答えは記事中に)

ページ上部へ戻る